福袋の中身画像のネタバレ、予約開始日カレンダー2020、通販サイトを大公開!夏・秋の福袋やクリスマスコフレ

福袋ウォッチャー 2020

学習

【昔の道具】洗濯板・たらい・洗濯機

更新日:

電気洗濯機でんきせんたくきのない時代じだい、よごれた衣類いるい洗濯板せんたくいたとたらいを使つかい、あらっていました。どちらも木製もくせいで、洗濯板はみぞのついたいた、たらいはあさいおけ(容器ようき一種いっしゅ)のことです。

洗濯せんたくするときは、たらいにためた水に、よごれた衣類や手ぬぐいなどをひたしたから洗濯板の上におき、洗濯せっけんをこすりつけて、ごしごしと手でもみあらいをします。洗濯板には、ぎざぎざした溝がつけられているので、せっけんすいが溝にとどまり、洗濯物せんたくものがずりちないようにもなっています。

たらいは、洗濯以外いがいにも、野菜やさい・くだものの冷却れいきゃくや、子どもの行水ぎょうずいなど、さまざまな用途ようと使つかわれました。

衣類いるいのよごれをとす

洗濯板

木製もくせいの洗濯板。せっけん水がながれ落ちないようにみぞ曲線きょくせんになっている。

洗濯板の使い方

  1. 洗濯板の上で、水にぬらした衣類いるいに洗濯せっけんをこすりつける
  2. 衣類をまるめて、洗濯板の上でもみ洗いをする
  3. よごれが落ちたら、すすいでしぼる。手でしぼったり、衣類を丸めて洗濯板におしつけたりした

たらい

木製のたらい。ブリキせいの「かなだらい」もある。

洗濯せっけん

明治時代めいじじだいなかごろに一般家庭いっぱんかていに広まった。

道具の進化:洗濯機のうつりかわり

日本の一般家庭に電気洗濯機が普及ふきゅうしはじめたのは昭和しょうわ30年代ねんだい後半こうはんです。電気洗濯機の登場とうじょうは、それまで手作業てさぎょうで衣類を洗っていた主婦しゅふ負担ふたんを大きくらしました。

その後、洗濯機は、一槽式いっそうしき二槽式にそうしき全自動ぜんじどう乾燥かんそう機能付きのうつきへと開発かいはつがすすみ、より便利べんり機械きかいへと進化しんかしていきました。

1928年(昭和3年)

電気式でんきしきの洗濯機を輸入ゆにゅう

1930年(昭和5年)

日本初にほんはつの電気洗濯機が登場。とても高価こうかで、一般の人には手が届かないものでした。

洗濯機1930年(昭和5年)

洗濯機1950年(昭和25年)

貸洗濯機屋(かしせんたくきや)1956年(昭和31年)

昭和30年ごろから貸洗濯機屋ができはじめました。テレビ、冷蔵庫れいぞうこと並ぶ、「三種の神器じんぎ」ともてはやされた電気洗濯機。しかし、まだまだ高値で、一般いっぱんの人にはまだ買えるような値段ねだんではなく、今のコインランドリーのように電気洗濯機をりて使うお店が生まれたのです。

洗濯機1957年(昭和32年)

洗濯機の広告1958年(昭和33年)

1965年(昭和40年)

昭和40年代に広まったのが二槽式にそうしき電気洗濯機です。洗濯槽せんたくそう脱水槽だっすいそうの2そうに分かれていて、脱水だっすいも自動でできるようになりました。

現在

今では乾燥かんそう機能きのう付きの電気洗濯機が広く普及ふきゅうしています。全自動ぜんじどうで洗濯、すすぎ、脱水だっすい、乾燥までおこなうことできます。

-学習

Copyright© 福袋ウォッチャー 2020 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.